割蔵 WARUZOU EG-60S (自動中型割卵装置)

 卵の風味を損なわずカケラも混入しない、画期的な

「アジャストダイヤモンドカッター方式」を開発!!

 

卵液に菌が入らない割卵方法

卵の外殻には、若干の雑菌が付着しており、割卵した卵液に菌が入らない割卵方法が重要となります。
また、殻のカケラが混入すると食べた人には不快感を与え、ストレーナーで濾過するとカケラは取り除けますが、卵白の気泡性が無くなり良質の食品とはいえません。 
                                  卵の殻をダイヤモンドカッターで切断し卵液を取り出す特許技術                                   でそれらの課題を全てクリアし、手割の熟練者以上の割卵能力を                                   有しています。

割蔵EG-60Sの主な特徴

  • カッター方式で切断する方式ですので卵のカケラが発生しません。
  • 卵の大小を自動検知して殻をカットします。
  • 割った液卵が殻にふれませんので衛生的です。
  • オールステンレス製なので、耐薬品性にすぐれ洗浄も容易です。

 

主な仕様

型式 EG-60S
処理能力 3,600個/時
機械寸法 幅500×奥行750×高950~1,250mm(可変)
機械全重量 65kg
使用電源 AC100V300W

 

オプション

割蔵EG-60S用 殺菌自動搭載装置

殺菌自動搭載装置

  • 「効果を載せる」
  • お一人で数台の稼動ができます。
  • キャスター付ですので簡単に移動ができます。

 

割蔵EG-60S用 簡易自動搭載装置

製品価格・導入までの流れ

簡易自動搭載装置

  • 一度に最大およそ80個の卵を乗せることができます。
  • お一人で数台の稼動ができます

 

お客様のご要望により、様々なケースがあります。

ぜひ一度お問い合わせ下さい。